女性

日本人の伝統衣装

着物のレンタルについて変遷を見てみる

男女

日本人の生活の中には、和装で参加するイベント事などがあります。男性においても、女性においても、結婚式などで着用する事は多く見られます。 着物のレンタルは、花嫁衣裳として着用する場合に、結婚式場が貸し出しを行っていた事などが、はじまりとして見る事ができます。花嫁衣裳の場合には、その時だけに必要とされる白無垢などが一般的ですので、それをレンタルしていた事から、付随して結婚式に必要となるその他の着物、ドレスなどを貸し出す事にも繋がっていきました。 その後は、着物が必要となる場面も増えていき、成人式には女性の振袖、男性の袴、大学を卒業する時には、特に女子の間で着物と袴を着用する人が増えた事から、これらを専門に取り扱うレンタル業者も増えていき、現在に至っています。最近では、趣味で着物をレンタルする人なども多く見られる様にもなっています。

今後の動向について予測する

最近では特に、日本の衣装としての特性ももっている着物が見直される様な傾向にもあります。特に決まった正式な場での着用に限らず、趣味で、あるいは個人の記念の日に和装で臨む人たちも増えています。着物レンタルを専門に実施する通販サイトなども増えている事から、気軽に利用される様にもなっています。今後もこの様なサイトなどを通じて、気軽に着物を着用する人が増えていくと考えられます。 また、取り扱い業者においては、その種類やデザインも豊富に取り揃えており、使用する場面に合わせて選択する事ができる様になっています。業者によっては、洋装と合わせた和装スタイルの着物をレンタルしているなどのサービスも見られますので、自分の好みに合わせて利用する事ができます。選択の幅、利用方法などについても、更に広がりが見られる様になっていくとも予想されます。